SEOの方法にはトレンドがある?

SEO対策のトレンドに乗り遅れるな

SEOとは検索エンジンで上位にランクインされるようにすることであり、ユーザーにアクセスしてもらい、商品の購入やサービスの利用、来店や予約を促すために行われます。インターネットは世界に開かれており、誰もが自由にサイトを公開することや使うことが可能です。つまり、無数のサイトが存在しているわけで、多くのサイト運営者はほかのサイトに先駆けて、自分のサイトを見つけてもらいたいとSEO対策を行います。

すると、上位ランクインを目指すだけの低品質なサイトが上位にランクインしてしまったり、ユーザーが検索したい内容とは無関係であったり、関連性の低いサイトがランクインされる事態になります。検索エンジンは、サイト運営者がサイトを見つけてもらうために存在するのではなく、あくまで、ユーザーが適切な情報やサイトを見つけることが目的です。

ユーザーが求める情報は日々、変化していきますから、いつまでも同じSEO対策をしていても、検索上位にランクインされなくなるのです。そのため、SEOを行うためには、検索でヒットするロジックを理解した上で対策を行う必要があります。

キーワード重視時代

インターネットが普及し始めた初期の時代のSEO対策といえば、もっぱらキーワード対策でした。ユーザーが検索するであろうキーワードをターゲットにし、それをサイト上に散りばめることで上位ランクインを目指していました。そのため、中には目立たせることだけを目指し、キーワードだらけで意味がわかりにくい文章が載ったサイトや検索されやすいキーワードを無数にのせてランクインさせ、全く無関係なサイトに誘導される事態も起きたのです。

コンテンツ充実トレンド

ユーザーが検索するキーワードを重視しても、求める情報やサイトに行きつかなくなる事態を重く見て、現在の検索エンジンではキーワードよりも、コンテンツ重視になっています。サイトで提供する内容がいかにユーザーのニーズに適応するか、有効な情報を与えるかをチェックしているのです。そのため、サイト内容の適正化がSEO対策で求められるようになりました。

更新頻度トレンド

コンテンツの内容を充実させるとともに、情報の最新化も求められます。たくさんのコンテンツが掲載されていても、古い情報ばかりで、今では通用しない情報や今では販売されていない商品やサービス、提供していないメニューばかり並んでいては意味がありません。そこで、頻繁な更新があるか、最新の更新日なども重視されるようになっています。

SEO対策と検索エンジンの仕組み

SEO対策をするには敵を知る

SEO対策とは検索エンジンの検索結果に自社やお店のサイトを上位にランクインさせ、ユーザーの利用を増やすために行われるものです。上位ランクインという成果を目指すには、ユーザーのニーズを把握することや、競合サイトの調査、また検索エンジンについて理解することが必要です。

スポーツで試合に勝つには相手チームやライバル選手のことを知り、研究して対策を講じるのと同様です。ここでは検索エンジンの代表であるGoogleに重点を置いて、仕組みをみていきます。

インターネット上のコンテンツの整理

Googleの検索エンジンでは検索インデックスを使って情報を整理しています。インターネット全体を大きな図書館と考えた場合、検索インデックスが本の分類やどこに何があるかを分類するような仕組みです。ウェブクローラというシステムが世界中に広がる膨大な数のサイトから情報を収集し、検索インデックスに登録して整理しているのです。

過去のクロールから得られたWEBアドレスとサイトの所有者から提供されるサイトマップで構成されるリストからスタートします。サイトにクローラがアクセスして、サイトに設定されたリンクからほかのページを探し当てる仕組みです。新しいサイトの情報はもちろん、既存サイトの変更点、無効なリンクを重点的にチェックして情報収集に取り組んでいます。

瞬時に検索できる仕組み

Googleでは検索インデックスに登録された莫大な数のページを分類し、ユーザーが探したい情報と最も関連性が高くて有益な検索結果を瞬時に表示できるよう、検索アルゴリズムを構築しています。検索クエリの単語やページの関連性や有用性をはじめ、ソースの専門性やユーザーの位置情報、そして何よりコンテンツの鮮度を重視して検索結果に活かしています。

最新情報と変わらない情報のすみ分け

検索アルゴリズムでもコンテンツの鮮度を重視していますが、クローラも新しいコンテンツを積極的にインデックスさせる仕組みが構築されています。絶え間なく変化し、何百もの新しいWEBページが1秒ごとにどんどん公開されていく中で、それをGoogleの検索結果にも反映されるようにしているのです。

そのために絶えずWEBを再クロールし続け、新しいコンテンツをインデックスに登録していきます。クエリの内容により、検索結果ページはすぐに更新される場合とめったに変化しない場合があります。新しく登場した情報と歴史上の人物の紹介など変わることが難しい情報などをすみ分けしながら、最適な検索結果を返すことができる検索アルゴリズムの構築に向けて、日々、研究と技術の更新を行っています。

 

業種ごとにSEOの方法は違う?

目的が違えばSEO対策も異なる

SEO対策といえば、検索された際に上位にランクインさせることが基本の目標となります。もっとも、業種や企業やお店の提供するサービスや商品、目的によって最適な対策は異なってきます。たとえば、オンラインショップであれば、検索結果からショップへとアクセスしてくれ、そこで商品の購入をしてくれれば一つの目的が達成されます。一方、飲食店や実店舗しかないショップでは来店してもらわないと意味がありません。検索されてお店の存在を知ってもらったあと、メニューなどを見て魅力を感じて実際に来店してくれることや来店の予約を、ネットを使ってその場で入れてくれるようなアクションへつなげることが求められます。

オンラインショップの場合

オンラインショップにアクセスしてもらい、商品を購入してもらうためのSEO対策は数あるお店の中から見つけてもらい、アクセスしてもらうことです。同じような商品を売っているお店のオンラインショップは数えきれないほどあり、どのお店も同じように自社の商品のよさをアピールし、自信を持って勧めています。販売している商品の種類が複数ある場合には、一押しの商品や代表的な商品を中心に、検索されやすいキーワードを考えてサイトに入れ込みます。

また、ディスクリプションのメッセージをどうするかも大切です。そのうえで商品紹介ページを充実させ、コンテンツの充実を図りましょう。新着情報やキャンペーンなど情報の更新を頻繁にしていくことも大切です。

サービスの申し込みの場合

サービスの申し込みページなどを上位化させる場合も、まずはサービス内容や関連する内容で検索した際に上位にランクインされるよう、適切なキーワードを入れ込みます。そのうえで怪しいサービスと思われたりせず、信頼してもらえるよう、サービス内容を紹介するコンテンツ内容も充実させましょう。また、口コミなどの評価もサービスに申し込むかを左右するので、口コミサイトなどで悪い評価が書き込まれていないかなどにも目を見張る必要があります。

飲食店の場合

飲食店の場合はキーワードやコンテンツの充実や定期的な更新をはじめ、SNSを使った頻繁な情報配信やマップを使ったリアルタイムでのアプローチがおすすめです。来店型のお店の場合、オンラインショップなどと異なり、その場でのユーザーのアクションはありません。

サイトの情報が古く、最後に更新された日付が古いと、あまり繁盛していないお店ではないか、そもそも閉店しているのでは、などと思われてしまいます。定期的にサイトを更新するとともに、日替わりメニューやおすすめメニューを、公式SNSを使って頻繁に配信しましょう。そのうえで、外出先でお店を探したときに表示されるよう、検索で表示されるマップに登録したりするのがおすすめです。

SEOを依頼する業者の選ぶときの注意点

検索エンジンから排除されないように適切な業者を選ぼう

SEO対策といっても何をすればよいかわからない、自社でやっても効果が上がらないといったときに、専門の業者に依頼しようと考えることは少なくありません。SEO対策を行ってくれる業者は多数存在していますが、どこも同じではありません。中には低品質な業者も存在しており、依頼したために、かえって検索エンジンからペナルティを受けることもあるので注意が必要です。

ガイドラインに沿っているか

検索エンジンの代表であり、SEO対策の指標となるのがGoogleです。Googleは検索結果の品質を保つためにさまざまな対策を講じており、ユーザーのニーズに合わない結果が表示されないよう、無理な方法やランクインだけを目指したような方法を採っているサイトのランキングを著しく下げてしまいます。そのため、SEO業者がGoogle のウェブマスター向けの品質に関するガイドラインをしっかり理解して、守っているかは重要なポイントです。コンプライアンス意識が高い業者かをよく見極めましょう。

最新のSEOに対応しているか

検索エンジンでは検索結果の品質向上のために、SEO対策の動きなどに合わせて頻繁にガイドラインを更新し、ルールを厳格化していくとともに、検索結果で上位にランクインできるロジックも高度化させています。そのため、以前は通じたSEO対策が今では意味を失い、新たなロジックに基づいた対策を講じることが求められます。勉強不足の業者やいい加減な業者では、検索エンジンの高度化に対応ができません。クライアント目線に立ってクライアントの目的を達せられるよう、最新のロジックを研究し、常に技術を磨いている業者であることが大切です。

同業種での実績や成功事例

もっとも、素人にとっては、その業者がガイドラインを守っているかや最新の技術を持っているかはわかりにくいものです。そこで、同業種での実績や成功事例がどのくらいあるか、具体的にどうなったのかをチェックしましょう。単に事例を形式的に確認するのではなく、実際にそのお店や企業のホームページをチェックし、近場であれば来店してみて、集客や売上アップにつながっているか成功度合いを見るとより安心できます。

創業年数をチェック

SEO対策サービスはある意味、気軽に始められる事業です。そのため、起業間もない業者も少なくありません。もちろん、創業が浅いからダメというわけではありませんが、創業年数が長く実績が豊富であれば、これまで検索エンジンの変化に対応してきて、公正で適正なSEO対策を講じてきた業者であることがわかります。

 

SEO対策の必要性について

サイトがマストな時代だからこそ

今の時代、多くの人が情報収集やお店探し、サービスの申し込みや商品のチェックや購入を、インターネットを通じて行っています。企業やお店のホームページや公式SNSなど自社やお店の紹介をするサイトや情報発信ツールを設けていないと、見つけてもらえない、知ってもらえない、信用してもらえない、買ってもらえない状況になります。一方、見つけてもらうことができれば、田舎の小さな個人店や店舗を持たないネット限定のショップ、フリーランスで商品やサービスを提供している個人でも売上を伸ばすことができるのです。

サイトを見つけてもらうために

時間やコストをかけて公式サイトなどを公開しても、それだけでは足りません。インターネット上に公開すれば、世界中のインターネットユーザーからのアクセスが可能となりますが、一方で公開されているサイトも無数にあります。その中から、ユーザーそれぞれの目的や興味に合うサイトとして見つけてもらうには、ユーザーが検索した際に上位にランクインすることが必要です。では、どうすれば上位にランクインできるのでしょうか。そのために必要なのがSEO対策なのです。

SEO対策を講じてサイトのアクセスを増やそう

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をとったもので、日本語でいえば、検索エンジン最適化するための策を講じることを意味します。対策を施すことで、特定のキーワードで検索した際に検索結果の上位にランクインし、ユーザーがサイトにアクセスしてくれるようにできます。アクセスを通じてサイトの情報をチェックしてサービスの利用や商品の購入、実際のお店に来店したり、予約したりという行動をするチャンスが得られるのです。では、どのような対策を施せばよいのでしょうか。

時代とともに変わるSEO対策

SEO対策は時代とともに変遷しています。インターネットが普及してから長くはないので、時代といっても極わずかなタームです。なぜ変化するかというと、検索エンジンを提供するサービス事業者が検索結果で表示される仕組みを更新し、高度化していくからです。

当初はサイトに点在するキーワードをピックアップし、それをもとに関連するキーワードで検索される際に結果に表示される仕組みでした。するとキーワードを無数に入れ込むことや実際のサービスとは関係ないキーワードまで入れて上位ランクインを目指すサイトが増えたため、検索結果の品質を保とうとロジックを変更していくようになったのです。

今ではキーワードより、コンテンツ重視になっています。

 

WEBサイトをGoogleで上位に表示させるには?

Googleの仕組みを理解してWEBサイトの上位ランクインを目指そう

インターネットは世界に広がっており、世界にユーザーが広がる検索エンジンのGoogleでいかに検索結果で上位にランクインさせるかが、企業やお店のWEBサイト対策として重要になります。どんなにお店の評判がよくても、自社の商品やサービスに自信を持っていても、それだけではWEBサイトが上位にランクインし、それをキープし続けることはできません。上位にランクインさせるにはGoogleという検索エンジンの仕組みを理解し、それに合わせた対策を講じていくことが求められます。

クローラを味方につけよう

Googleではクローラというシステムを使って、インターネット上に広がる無数のWEBページをクロールすることで情報を収集し、それを検索インデックスで整理して検索結果に表示させるためのベースを構築しています。クロールは過去のクロールから得られたWEBアドレスに加えて、WEBサイトの所有者から提供されるサイトマップで構成されるリストから開始されます。そのため、サイトマップでそのWEBサイトにどのようなコンテンツが盛り込まれるのかを適切に提供することが一つの対策になります。クローラはWEBサイトにアクセスすると、サイト上のリンクを駆使してほかのページを探していきます。その際には新しいサイトの情報はもちろんのこと、既存のサイトの変更点や無効となったリンクを重点的にチェックしています。

これは検索するユーザーに対して最新かつ有効な情報を提供するうえで欠かせない作業です。実は、Googleではクロールをする方法について、サイトの所有者が指定できるウェブマスター向けのツールを用意しています。クロールするサイトやクロールする頻度、各WEBサイトから取得するページの数はGoogleの開発したコンピュータープログラムによって決定されており、通常はWEBサイトの所有者はそれを左右することはできません。ですが、公式のツールを使用することで、WEBサイト上のページを処理する方法を具体的に指定することができるほか、最新の情報をいち早くキャッチしてもらえるよう再クロールをリクエストできるようになります。

また、robots.txtファイルを使用することでクロールを無効にすることも可能です。Googleでは情報の適正や公正を保つために、報酬を得てWEBサイトのクロール頻度を増やしたりはしていません。公平を期すために、どのWEBサイトでもGoogleが提供しているSearch Consoleを利用することによって、ユーザーに最適な検索結果が表示できるようにしているのです。漫然とクローラがやってくるのを待つのではなく、せっかく提供されているツールを使わない手はありません。

検索アルゴリズムのガイドラインに従おう

Googleの検索アルゴリズムは情報を探しているユーザーに最も有用な情報を瞬時に表示するためにさまざまな要素で構成されています。検索クエリの単語はもちろん、ページがいかにユーザーにとって有用か、情報元の専門性や正確性も重要な要素です。また、ユーザーの位置情報や設定、最新のトピックに対応するためのコンテンツの鮮度も重視しています。

Googleの検索アルゴリズムでは、ユーザーが探したい情報との関連性や品質の高さを非常に重視して、定期的にアルゴリズムの確認を行いながら厳密にプロセスを見直しながら整えています。検索アルゴリズムに関してGoogleが目指すべきところを定義した厳しいガイドラインが設けられており、このガイドラインは一般公開され誰もが見ることができます。そのため、ガイドラインの意図に沿った対策を行うことが欠かせません。ガイドラインのルールに反した行動をとった場合や無理やり上位にランクインさせるような方法を採れば、たちまち検索上位から外されてしまいます。

検索アルゴリズムの仕組みを理解しよう

ユーザーが求める最適な検索結果を表示するには、ユーザーの検索の意図を把握することが欠かせません。そのために、Googleの検索アルゴリズムではより関連性が高いと思われる情報を含んでいるページを探すために、検索クエリに含まれる単語の意味を分析しています。単語を解釈するための言語モデルまで構築されているのです。

ユーザーがどのような種類の情報を探しているかまで理解する能力を宿しており、特定の事柄に絞り込んだ検索なのか、漠然としたイメージから知りたい情報を探そうとしているのかも見込んだ表示結果が出せるようになっています。また、口コミ、画像、現在地の近くにあるお店や営業時間といった具体的な情報を求めている検索キーワードはあるなどまで理解して、結果を表示させるように分析をしています。この分析のための情報カテゴリで特に重要になるのが、ユーザーが鮮度の高い情報を求めているかの分析です。

急上昇中のキーワードを検索すると、フレッシュネス アルゴリズムが作動し、鮮度の高いページが古いページより上位に表示されるようになっています。

-PR-
SEO対策を行える会社を紹介しています
SEO対策で検索エンジン上位表示の詳細、実績を紹介しているサイト